> > 名古屋議定書、2年たったけど実施している国は2割しかないという結果に

名古屋議定書、2年たったけど実施している国は2割しかないという結果に

 印刷 記事を保存

国連生物多様性会議メキシコ・カンクン2016が、12月4日~17日にメキシコ・カンクンで開催された。環境省がその結果をとりまとめ報告している。

この会議は、生物多様性条約第13回締約国会議(COP13)、カルタヘナ議定書第8回締約国会合(COP-MOP8)、名古屋議定書第2回締約国会合(COP-MOP2)からなる。

まず、生物多様性条約とは?

生物多様性条約は、「生物多様性の保全」「生物多様性の構成要素の持続可能な利用」「遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分(ABS:Access and Benefit-Sharing)」の3つを目的する国際条約(1993年12月発効)。

この条約のうち、「生息域内保全」「バイオテクノロジーの取扱い・利益の配分」「バイオテクノロジーの取扱い・利益の配分」について取り決めたカルタヘナ議定書が2003年9月11日に、続いて、上記ABSに関する名古屋議定書が2014年10月12日に発効している。また、生物多様性条約の3つの目的を達成するため、2011~2020年の新たな世界目標「戦略計画2011-2020」が、COP10で採択されている。

(※全文:1766文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.