> > 廃棄物発電を安定・効率向上させる自動燃焼制御システム 発電量を1.5%UP

廃棄物発電を安定・効率向上させる自動燃焼制御システム 発電量を1.5%UP

 印刷 記事を保存

タクマ(兵庫県尼崎市)は12月14日、廃棄物焼却発電の発電量を安定させる自動燃焼制御システム(先行型燃焼制御)を開発し、特許を取得したと発表した。

この新システムは廃棄物発電プラントや複合燃料を用いるボイラープラントなどに広く適用可能で、このシステムによりボイラーの蒸発量を安定させ、結果的に発電量を向上させたり、危機への負担を軽減しプラント自体の省電力にも貢献するという。

蒸発量を1/3以下、発電量を約1.5%向上

2012年7月から開始した再生可能エネルギーの固定価格買取制度や、2016年4月にスタートした電力小売自由化の影響で、現在廃棄物処理施設では廃棄物焼却発電が積極的に取り入れられている。しかし、廃棄物発電は燃料に廃棄物を使用するため、容量や性質にばらつきがあり、蒸発量・発電量を安定させることが困難だった。

(※全文:667文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.