> > 環境省がつなぐ、廃棄物処理業者と排出事業者 意見交換を図るイベント開催

環境省がつなぐ、廃棄物処理業者と排出事業者 意見交換を図るイベント開催

記事を保存

環境省は、排出事業者と産廃処理業者とが連携・協働し、地域で貢献できる可能性について意見交換のできるフォーラム/ワークショップを、来年はじめ、東京と福岡で開催する予定だ。参加費は無料。

同フォーラム「循環型地域社会の発展に向けて~排出事業者と処理業者が地域のために今何ができるのか?~」は、産業廃棄物の更なる3Rや地域での社会貢献活動の展開をめざし実施するもの。

フォーラムでは環境ビジネス/ソーシャルビジネスを専門とする有識者の講演や、排出事業者と優良産廃処理業者が連携しリサイクルを通じて循環型地域社会の発展に取り組む事例の紹介などを行う。また、このフォーラムの一環として、排出事業者と産廃処理業者が意見交換を行うワークショップを実施することで、連携・協働のきっかけの場を創出する。

予定されているプログラムは下記の通り。

第1部 基調講演「地域社会の発展に向けて、排出事業者と処理業者が今できる連携・協働とは?」(仮)

講師:北九州市立大学 大学院 マネジメント研究科 教授 松永裕己氏

第2部 優良事例プレゼンテーション

東京会場

  • 排出事業者:アサヒ飲料
  • 処理業者:エコ・フード

福岡会場

  • 排出事業者:プライムデリカ
  • 処理業者:大島産業

第3部 ワークショップ

日々の廃棄物処理業務の中で、問題に感じる排出事業者および処理業者の対応について、6つのグループに分かれて具体的な意見交換を行う。

  • 自己紹介・アイスブレーク(20分)
  • グループワーク(90分)
  • プレゼンテーション(各グループ3分程度)
  • フィードバック
  • 「気付き」の共有(10分)

なお、イベント終了後(17:20~18:00)には、任意で参加できる名刺交換会が予定されている。

開催日時・場所

東京会場の開催日時は、2017年1月26日(木)13:00~17:20。場所は東京国際フォーラムG409会議室。福岡会場の開催日時は、2017年2月7日(火)13:00~17:20。JR博多シティ9階3番会議室(博多駅直結)。両会場とも、定員は各25名ずつ(1社につき1名が参加可能)。

参加対象者は排出事業者・処理業者で、下記の要件にあてはまる者。

  • 本社または事業場の廃棄物管理等の環境管理業務担当者
  • 優良産廃処理業者認定制度における優良認定業者、もしくは認定取得を検討中の処理業者

また同イベント参加者には、簡単な事前アンケートへの協力と、ワークショップへの積極的な参加が求められる。なお、参加希望者の業種が極端に偏った場合には、ワークショップのグループ編成上の都合により、開催日の2週間前をめどに参加辞退を依頼されるケースもある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.