> > 工場配管などの熱を効率よく回収 「フレキシブル」熱電発電モジュールに出資

工場配管などの熱を効率よく回収 「フレキシブル」熱電発電モジュールに出資

 印刷 記事を保存

ユーグレナインベストメント(東京都港区)は16日、ほか3社と設立した合同会社であるユーグレナSMBC日興リバネスキャピタルが運営するベンチャーキャピタルファンド「リアルテックファンド」の新たな投資先として、Eサーモジェンテック(京都市南区 以下、Eサーモ社)への出資を11月に実施したと発表した。Eサーモ社は、フレキシブル熱電発電モジュール「フレキーナ」を開発している。

配管パイプにも巻き付けられる汎用性に期待

プラント施設などに膨大に排出される300℃以下の低温排熱からの発電は、効率の低さと、発電ユニットの設置場所が大きな課題であった。

これまでの熱電発電モジュールがセラミックを基盤とした平面の形状であるのに対し、Eサーモ社が開発したフレキシブル熱電発電モジュール「フレキーナ」は、極薄で自在に湾曲できる基板上に熱電素子を実装した構造であり、工場プラント等の配管パイプに巻きつけて設置できる。そのため、従来製品と比べて、約2~3倍の熱回収効率と、約2倍の熱電変換効率を有し、熱回収性と設置場所の汎用性という双方の点で優れている。

(※全文:1031文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.