> > ノルウェーの野菜価格・植物工場ビジネスの可能性レポート

ノルウェーの野菜価格・植物工場ビジネスの可能性レポート

記事を保存

一般社団法人イノプレックス(東京都台東区)は、冬の気候が厳しく野菜の周年生産が難しい「ノルウェー市場」における野菜の価格調査を実施し、一部の価格情報を紹介した。

ノルウェーの農地は国土の3%ほどしかなく、その多くは大麦・小麦など穀類や、ノルウェー料理に多く使われるジャガイモの栽培に利用されているため、ノルウェーのスーパーマーケットに並ぶ生鮮野菜の多くはデンマークやオランダなどから輸入している。

ノルウェーだけでなく、フィンランドなどの北欧エリアでは同様の課題を持っている。こうした現状から、安定生産かつ地産地消を実現するために三菱化学は先日、フィンランドの現地レストランと共同にて植物工場によるベビーリーフ等の実証生産を開始している。

また富士通も、フィンランド現地の大規模な施設園芸農家と共同にて現地法人を設立し、完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や設備プラントの販売を2017年より開始する。


この記事は、たとえば

  • 北欧の農産物市場に関する情報として参考になります。
  • 国内植物工場ビジネスの海外進出事例として参考になります。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.