> > 奈良県奥大和地域で「食分野の起業家」を誘致 10件の新規事業を選定する予定

奈良県奥大和地域で「食分野の起業家」を誘致 10件の新規事業を選定する予定

記事を保存

ロート製薬株式会社が、地域課題の解決に特化した「Next Commons Lab(ネクストコモンズラボ、NCL)」を奈良県奥大和地域で始動する。フィールドとなる奈良県および奈良県宇陀市とパートナーシップを組み、10の新規プロジェクトに最大20名の起業家を募集する。

プロジェクトには耕作放棄地を活用した養蜂、薬草・ハーブを利用したビール製造やキノコ栽培まで多岐にわたる。

NCL奥大和の活動

奥大和(宇陀を中心とした奈良県の南部東部地域)においては、ロート製薬株式会社、奈良県および宇陀市のパートナーシップにより、2017年春からの始動に向けて、食のテーマを中心とした10以上のプロジェクトを立ち上げ、起業家を誘致します。


この記事は、たとえば

  • 農業への新規参入を検討する事業者にとって、参考になります。
  • 地方創生、DMOを検討する自治体担当者などにとって、他自治体の取り組み事例となります。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.