> > 2014年度の産業廃棄物、排出量は約2.1%アップ 最終処分量は約11%ダウン

2014年度の産業廃棄物、排出量は約2.1%アップ 最終処分量は約11%ダウン

 印刷 記事を保存

環境省は22日、2014年度における全国の産業廃棄物の総排出量は、前年度に比べ約2.1%(約800万トン)増の約3億9,284万トンだったと発表した。一方、産業廃棄物の処理状況についてみると、前年度に比べ最終処分量が約11%減少した。

産業廃棄物の処理状況では、総排出量のうち、中間処理されたものは約3億1,097万トン(全体の79%)、直接再生利用されたものは約7,652万トン(同19%)、直接最終処分されたものは、約535万トン(同1%)だった。また、中間処理された産業廃棄物(約3億1,097万トン)は、約1億7,276万トンまで減量化され、再生利用(約1億3,316百トン)または最終処分(約505万トン)された。

合計では、再生利用量は前年度比約427万トン(約2%)増の約2億968万トン(全体の53.4%)、最終処分量は前年度比約132万トン(約11%)減の約1,040万トン(同2.6%)だった。

(※全文:1416文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.