> > 関西電力のガス料金、電気とセットなら大阪ガスより最大8%安く供給

関西電力のガス料金、電気とセットなら大阪ガスより最大8%安く供給

記事を保存

関西電力は27日、来年4月のガス小売りの全面自由化に伴い、新たに参入する家庭や飲食店等向けのガス料金メニューを発表した。

家庭向けには、ガスの使用量や時間帯、季節に関係なく、すべての顧客が得になる料金メニュー「なっトクプラン」を提供する。モデルケース(月間ガス使用量33m3)では、大阪ガスの「一般料金」と比べて年間約5%(約3,200円)安く、さらに電気とのセット割と早期契約割引を合わせると年間8%(約5,500円)安くなると試算している。また、ポイントサービスで年間約300円相当が貯まる。このメニューには新たに自由化の対象となる法人も加入できる。

また、飲食店や宿泊施設、工場、病院など、新たに自由化の対象となる法人向けには「なっトクプランM」「なっトクプランL」を設定した。「なっトクプランM」は飲食店・宿泊施設・工場等でガスを多く使う法人向けで、モデルケース(月間ガス使用量800m3)で、大阪ガスの「小型業務用季節別契約」と比べると、年間で約20%(約19万円)安くなり、電気とのセット割と早期契約割引を合わせると年間24%(約22万円)お得になるという。

「なっトクプランL」は病院・ホテル・工場等でガスを多く使う法人向けで、モデルケース(月間ガス使用量5,000m3)で、大阪ガスの「時間帯別B契約」と比べると、年間で約15%(約74万円)安くなり、電気とのセット割と早期契約割引を合わせると約19%(約93万円)お得になるという。

ケイ・オプティコムはインターネットとセット割を提供

関西電力と家庭向け等のガス「関電ガス」の販売で提携する、ケイ・オプティコムは、1月6日より「なっトクプラン」および、ガスと電気、インターネットサービスを組み合わせた「関電ガスなっトクプラン(eo割)」の事前申し込み受け付けを開始する。

関西電力は27日、関電ガスの販売で新たに、大阪府や京都府など2府4県の関西エリアで地域電気店の販売・経営等を支援する大阪府電機商業組合等や、東洋テックなど提携することも発表した。準備ができ次第、ホームページ等で公表し、順次販売活動を開始する。

また、岩谷産業と共同で「関電ガス」を専門に取り扱い、販売から保安まで、顧客をトータルでサポートする、「関電ガスサポート」の設立について、同日、合意した。具体的には、新会社が岩谷産業の100%子会社であるイワタニ近畿と提携し、「関電ガス」の訪問販売や機器の修理、買替えを含めた保安業務を行う。さらに、販路拡大の戦略を進め、岩谷産業のLPガス販売会社で組織する会員会社やその他の各地域のLPガス事業者との提携を広げていく計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.