> > シンガポールでの都市型農業ブーム 自然公園エリアの貸農園も予約待ち

シンガポールでの都市型農業ブーム 自然公園エリアの貸農園も予約待ち

記事を保存

シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタルファーム)が全て利用され、現在は予約待ちになっている。

同ファームは80区画を個人に対して貸しており、ファーム自体は3年間の運営を予定している。年間のリース料金は57ドル/区画。貸農園(レンタルファーム)の1区画は約2.5平方メートルとなっている。

貸農園(レンタルファーム)では様々な品目が栽培されており、コーンやナス、メロンの他、各種の葉野菜・ハーブなどが栽培されている。


この記事は、たとえば

  • 植物工場メーカー・関連事業者にとって、海外でのニーズとして参照できます。
  • 海外での農産物生産・消費のスタイルとして参考事例になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.