> > エネルギー・環境分野の革新的な研究開発、NEDOが選んだ11件は

エネルギー・環境分野の革新的な研究開発、NEDOが選んだ11件は

記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は4日、エネルギー・環境分野の革新的な技術・システムの先導研究を行う委託事業において、応募件数52件中11件の研究開発テーマを採択した。

この事業の名称は「エネルギー・環境新技術先導プログラム」。今回採択されたテーマは、物質・材料研究機構などによる「α型酸化ガリウム高品質自立基板の研究開発」や、同志社大学などによる「リチウム金属蓄電池実現のブレークスルーとなる新規濃厚電解液の研究開発」など。

なお、NEDOは、同事業の2017年度公募についても1月上旬から実施する予定。今回の採択テーマ一覧は下記の通り。

研究開発課題(A1):SiC、GaNを超える高性能・省エネパワーデバイス向け材料・モジュール化技術

α型酸化ガリウム高品質自立基板の研究開発

【委託予定先】国立研究開発法人物質・材料研究機構、京都大学、佐賀大学、FLOSFIA

研究開発課題(B1):革新的材料系又は画期的新規原理が伴った電気エネルギー貯蔵システム技術

リチウム金属蓄電池実現のブレークスルーとなる新規濃厚電解液の研究開発

【委託予定先】同志社大学

金属空気二次電池のための複合アニオン化合物を基軸とした革新的高活性空気極

【委託予定先】京都大学

ヒドリドを利用した新規エネルギーデバイスの開発

【委託予定先】東京工業大学、自然科学研究機構分子科学研究所、パナソニック

高濃度電解液を用いる革新的デュアル炭素電池の研究開発

【委託予定先】九州大学

量産型コンパクト超電導磁気エネルギー貯蔵デバイスの研究開発

【委託予定先】名古屋大学、トヨタ学園、豊田工業大学、関東学院、関東学院大学

研究開発課題(C1):原子・分子及びナノ構造体の自己組織化を利用する電子・光学材料の革新的製造プロセス技術

ナノクリスタルエンジニアリングによる材料・デバイス革新

【委託予定先】産業技術総合研究所、堺化学工業、ラピスセミコンダクタ

研究開発課題(D1):ナノオーダー(原子・分子・細胞・微粒子等)の計測をめざした革新的計測技術又は計測技術とAI技術等を統合した革新的検査評価技術

ビッグデータ適応型の革新的検査評価技術の研究開発

【委託予定先】名古屋大学、九州工業大学、産業技術総合研究所、島津製作所、日本電子、堀場製作所、日立ハイテクノロジーズ

大型超軽量構造材料のAI利用・高解像度計測技術の研究開発

【委託予定先】東レ、産業技術総合研究所

研究開発課題(E1):大幅な省エネルギー及びCO2削減を可能とするファインケミカルズの連続フロー合成プロセス技術

ファインケミカルズ製造のためのフロー精密合成の開発

【委託予定先】産業技術総合研究所、東京大学、京都大学、早稲田大学、富士フイルム、東和薬品、イハラケミカル工業、東京理化器械、日本電子

CO2フリー革新的超高難易度酸化反応の研究開発

【委託予定先】大阪大学

年間1億円、2017年度もまもなく公募開始

公募開始予定日は2017年1月上旬。実施期間は原則1年以内だが、研究内容により2年を限度とすることが可能。

研究開発テーマの規模は年間1億円以内程度で委託により実施(NEDO負担率100%)。但し、大学・公的研究機関のみによる実施の場合は、規模は2,000万円を上限とする。詳細はNEDOのウェブサイトを参照のこと。

日本が、2050年にエネルギーを起源とする温室効果ガスの半減など、エネルギー・環境分野の中長期的な課題を解決していくためには、従来の発想によらない革新的な技術の開発や新しいシステムの構築が必要だ。

同事業では、省エネルギー・新エネルギー・CO2削減等のエネルギー・環境分野において、2030年以降の実用化を見据えた革新的な技術・システムの先導研究を、産学連携の体制で実施する。これにより、革新的な技術の原石を発掘し、将来の国家プロジェクト化への道筋をつけることを目指している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.