> > 東京都・新宿で「廃棄物の排出事業者責任と廃棄物リスクを考えるイベント」

東京都・新宿で「廃棄物の排出事業者責任と廃棄物リスクを考えるイベント」

記事を保存
東京都・新宿で「廃棄物の排出事業者責任と廃棄物リスクを考えるイベント」

Save Earth Foundation(以下SEF)は2月15日(水)14時からゼロエミッション研究会「第2回セミナー~排出事業者責任と廃棄物リスクを考える~」を新宿で開催する。

イベントでは、廃棄物の排出事業者が抱える真のリスクとその具体的な対策と選択すべき道について、行政書士エース環境法務事務所代表の尾上雅典氏が基調講演する。

そのほか、尾上氏と恩田氏(SEF資源循環理事担当理事)による、事前アンケートからのQ&A解説、廃棄物管理について実務上のポイントの確認・解説のワークショップを予定。

会場は新宿文化センター第1会議室、参加費は一般が6,000円、SEF賛助会員・Netユーザーが3,000円、申し込み・問い合わせはSEFウェブサイトにて受付。

廃棄物の排出者側が廃棄物問題に取り組む研究会

排出事業者が主体となって廃棄物に関する課題に取組み、適正処理や発生抑制、再資源化の推進に取組み、廃棄物に関する新たな社会システムを構築することは、排出者としての社会的責任を果たすことだけでなく、持続可能な資源循環型社会の実現に向けて大きな役割を果たす。ゼロエミッション研究会は、このような考えから2016年に発足した組織だ。

2016年11月15日に開催したゼロエミッション研究会発足記念も兼ねた第1回のセミナーでは、不正転売事件を受けての環境省の対策についての解説、トークセッションが行われた。

その中で排出事業者がより自覚と責任をもって廃棄物の適正処理・資源循環の推進に取組むことの重要性と、委託先処理業者との良好な関係性構築がポイントとなることが確認された。

また、参加者のアンケートから廃棄物関連業務の改善やコンプライアンス、リスク対策といった、実務に従事する上での排出事業者責任やリスク管理について課題を感じているという声があったことから、第2回となる今回、不正転売事件発覚以降、排出者にとってより現実的な課題となっている「排出事業者責任とリスク管理の徹底」が題材となった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.