> > 「地域の再エネ→水素製造・利用」の実証事業、2016年度は採択案件ナシ

「地域の再エネ→水素製造・利用」の実証事業、2016年度は採択案件ナシ

記事を保存

環境省は2016年12月27日、低炭素水素サプライチェーン実証事業(平成28年度地域連携・低炭素水素技術実証事業)の応募案件2件に対し、採択なしと発表をした。

同省によると、今年度の追加公募の予定はないが、2017年度の公募は予定しているとのこと(時期未定)。

予算額は2億円。「水素」の本格的な利活用を目指す

環境省が取り組むこの実証事業は、水素の低炭素化と本格的な利活用を通じ、中長期的な地域温暖化対策を推進することを目的としている。地域の再エネ等を活用して水素を製造、貯蔵、輸送、供給し、燃料電池自動車燃料電池等へ利用するまでの一貫した水素サプライチェーンの実証を行うもの。

(※全文:933文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.