> > 北陸電力、首都圏在住の北陸出身者に電力サービスをPR 販売件数1,000件に

北陸電力、首都圏在住の北陸出身者に電力サービスをPR 販売件数1,000件に

記事を保存
北陸電力、首都圏在住の北陸出身者に電力サービスをPR 販売件数1,000件に

北陸電力は10日、首都圏エリアの家庭向け電気料金メニュー「北陸かがやき契約」の販売件数が、第一次販売分の1,000件に達したと発表した。北陸出身の顧客などに好評を得ており、今後も販売拡大が見込めることから、販売件数の上限を設けず販売を継続していく。

同社は、2016年4月の電力小売りの全面自由化を受け、新たな取り組みの一つとして、「北陸かがやき契約」の販売を開始した。同社には首都圏エリアの北陸出身の顧客などから「地元の北陸電力の電気を使いたい」という声が寄せられていた。一方、志賀原子力発電所が停止し供給余力に限りがあるため、同社エリアの安定供給を最優先課題とした上で、販売件数1,000件に限定し、北陸ゆかりの顧客を中心に営業を展開してきた。

「北陸かがやき契約」は、単身者から家族の多い世帯までメリットのある料金メニューとして用意。2016年1月のリリースでは、集合住宅に1人暮らしの場合(契約電力30A、月間使用量200kWh)で東京電力の従量電灯Bより年間1,400円、家族の多い世帯(契約電力10kVA、月間使用量800kWh)で東京電力の従量電灯Cより年間16,000円お得になるモデルケースを紹介している。

北陸在住者の紹介による拡販キャンペーン実施

現在、同社では首都圏在住の顧客が「北陸かがやき契約」に申し込むと、抽選で往復ペア航空券や北陸の特産品をプレゼントするキャンペーンを実施している(2016年10月1日~2017年3月31日)。

また今回の1,000件到達に合わせて、新たに「紹介deとくとくキャンペーン」を実施し拡販を図る。これは北陸に住んでいる人が首都圏に住んでいる家族・親戚・友人を紹介すると、抽選で10名に「ほくリンクポイント」10,000ポイントをプレゼントするというもの。ポイントは、地域の商品やクーポン、スポーツ観戦チケットなどに交換できる。キャンペーンの実施期間は1月10日~3月31日。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.