> > 住宅を断熱改修 → 高齢者の血圧が下がる 国交省の「省エネ×健康」レポート

住宅を断熱改修 → 高齢者の血圧が下がる 国交省の「省エネ×健康」レポート

 印刷 記事を保存

国土交通省は、13日、住宅の断熱化が居住者の健康に与える影響を検証する調査における、2015年度までに得られた調査データに基づいた、室内環境と血圧など健康関連事象を検証した結果の中間報告を発表した。

同省の「スマートウェルネス住宅等推進事業」は、2014年度から2017年度までの予定で実施され、住宅の断熱化が居住者の健康に与える影響を検証する調査を支援するもの。

同事業における調査対象は、断熱改修を予定する全国約1,800軒の住宅および居住者約3,600人を予定しており、検証する内容は、「改修の前後における、居住者の血圧や生活習慣、身体活動量など健康への影響」。実施事業者は、日本サステナブル建築協会、および全国各地の医学・建築環境工学の学識者からなる委員会(スマートウェルネス住宅等推進調査委員会)。

(※全文:971文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.