> > 80度以下の熱源でも使えるバイナリー発電システム 開発・実証に最大3億円補助

80度以下の熱源でも使えるバイナリー発電システム 開発・実証に最大3億円補助

 印刷 記事を保存

環境省は1月16日、低温域の未利用熱源の有効利用を図るため、低温域でも動作するバイナリー発電システムの開発・実証事業の公募を開始することを発表した。公募期間は2017年2月9日(木)の17時まで。

この「低温熱源活用発電技術実用化推進事業」は、「平成29年度大規模潜在エネルギー源を活用した低炭素技術実用化推進事業」の一部。国内における低温域の未利用熱源をコスト効率的に有効利用できる低炭素技術低炭素技術を確立することを目的としている。

公募の対象となるのは、摂氏80度程度以下の低温熱源に適した作動流体を選定し、当該作動流体を組み込んだコスト効率的なバイナリー発電システムの開発・実証を行う事業者。大学・独立行政法人などのほか、民間企業でも応募できる。複数の事業者等から構成されるコンソーシアムなどでも可能。

なお、環境省を含む他の助成事業等により実施中の技術開発・実証事業(2016年度末をもって終了するものを除き、2017年度からの助成が決定しているものを含む。)と内容が類似しているものについては、応募できないため注意が必要。

2017年度の予算は3億円。1事業あたりの上限額も3億円だ。2018年以降はそれぞれ当該年度の予算の範囲内で上限を設ける。実施期間は3年まで。応募受付は2017年2月9日(木)の17時まで。

応募する場合は、環境省ホームページから応募様式、概要資料等をダウンロードし、必要事項を記載の上、メールで提出すること。その他、公募要領・作成要領などの詳細も環境省ホームページを参照のこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.