> > 「電源接続案件募集プロセス」の実施案件リスト、OCCTOが適宜更新中

「電源接続案件募集プロセス」の実施案件リスト、OCCTOが適宜更新中

 印刷 記事を保存
「電源接続案件募集プロセス」の実施案件リスト、OCCTOが適宜更新中

東京電力が公開する「電源接続案件募集プロセス概要フロー」
こちらをクリックすると拡大します

電力広域的運営推進機関(OCCTO)は17日、電源接続案件募集プロセスの実施中案件についての情報を更新した。

発電設備などを電力系統に連系する際、もし系統の容量に余裕がなければ、大規模な送電容量対策工事が必要になり、高額の工事費用が発生する。その場合、事業者の希望により、近隣の電源接続案件の可能性を募り、複数の電気供給事業者が共同で工事費負担金を負担することができる。この系統増強を行う手続きを「電源接続案件募集プロセス」(募集プロセス)といい、系統アクセスルールとしてOCCTOにより制定されている。

OCCTOのウェブサイトでは、この募集プロセスについての最新情報を随時更新している。サイト内では各エリアごとに予定・募集されている募集プロセスの一覧が、応募締め切り日やプロセス完了予定日など、主要なスケジュールと一緒にリスト化されている。なお、アップされた各エリアのスケジュールは、状況に応じて変更される可能性がある。

現在、東北電力管内で9エリア、東京電力管内で5エリア、中国電力管内は1エリア、九州電力管内で13エリアで、募集プロセス実施中だ。

【参考】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.