> > 四国電力、「おトクeプラン」など家庭向け新料金プラン・サービスを導入

四国電力、「おトクeプラン」など家庭向け新料金プラン・サービスを導入

 印刷 記事を保存
四国電力、「おトクeプラン」など家庭向け新料金プラン・サービスを導入

同社の新料金プランと、サービスを組み合わせた場合の電気料金の一例
こちらをクリックすると拡大します

四国電力は、家庭向けの新料金プラン「おトクeプラン」などの各種サービスを発表し、1月17日より申込み受付けを開始している。

同社の新料金プラン・サービスの概要は下記の通り。

1.新料金プラン「おトクeプラン」の導入

現在の従量電灯Aに比べ、300kWhをこえる部分の電力量料金単価を、2.16円/kWh割安に設定したプラン。新料金適用時期は2017年4月1日から。なお、現在契約中のプランから切り替える場合も、新たに申込みが必要だ。

おトクeプラン

2.新割引「ありがとう割引」の導入

契約継続期間が1年を経過するごとに、翌月の電気料金を1,032円割引する。2017年4月1日から起算するため、契約継続期間が1年を経過した2018年4月以降の割引となる。なお、同社が指定する対象プランで契約した場合は、この割引サービスの申込みは不要。

ありがとう割引

3.「よんでんポイント(料金連動ポイント)」サービスに料金連動ポイントを導入

無料の会員制ウェブサービス「よんでんコンシェルジュ」の「よんでんポイント」サービスにおいて、毎月の電気料金の支払額200円につき「1よんでんポイント」(1ポイント=1円相当)が貯まるサービスを提供。ポイントは、2017年4月分以降、毎月の電気料金支払いごとに加算される。なお、同社が指定する対象プランで契約し、「よんでんコンシェルジュ」の個人本会員にご登録すれば、このサービスの申込みは不要。

4.「あんしんサポート」サービスの導入

スマートメーターを活用し、電気の使用状況について一定以上の変動が確認できなかった場合、別居している家族などに翌朝メールを送信するサービスを開始する。同サービスは、2017年2月1日より開始される。利用するには「よんでんコンシェルジュ」内での登録が必要だ。

なお、同社は「よんでんコンシェルジュ」の利用促進をめざし、新規登録キャンペーンを3月31日まで延長する。同サイトでは、電気料金の実績紹介サービスや、メールでの検診結果・電気料金請求額の通知サービスなども実施している。また、付与されたポイントは、四国の特産品や、WAONポイントなど提携する他社のポイントと交換できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.