> > 産総研、九州大学内に「水素材料強度ラボラトリ」設立 水素脆化を研究

産総研、九州大学内に「水素材料強度ラボラトリ」設立 水素脆化を研究

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所(産総研)は11日、九州大学(九大)と共同で「産総研・九大 水素材料強度ラボラトリ」(AIST-Kyushu University Hydrogen Materials Laboratory:HydroMate)を設立した。水素脆化現象を根源的に解明し、理想的な耐水素脆化材料の開発を目指す。

複雑な水素脆化現象の基本メカニズムを解明し、新材料を開発する

水素脆化とは、金属材料中に侵入した水素によって、金属材料の引張(ひっぱり)強度や伸びなどが低下する現象。水素の影響により延性が低下し、マクロには材料が脆性的に破壊することから、水素脆化と呼ばれている。この複雑な水素脆化現象を解明し、理想的な耐水素脆化材料を開発するためには、ナノレベルからマクロレベルに渡る幅広い知見の集約が必要だ。

(※全文:1224文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.