> > OCCTO、2017年度の電力需要想定を公表 前回と比べ大幅下方修正

OCCTO、2017年度の電力需要想定を公表 前回と比べ大幅下方修正

 印刷 記事を保存

電力広域的運営推進機関 (OCCTO)は18日、2017年度の供給区域ごとの需要想定を公表した。

全国の需要想定結果

全国の需要想定の内訳となる、供給区域ごとの需要想定については各想定の対象項目ごとに、OCCTOのホームページで確認できる。

今回公表された需要想定は、全国10社の一般送配電事業者より、2017年度供給計画における供給区域需要想定の提出を受け確認を行い、策定されたもの。 なお、想定の対象は、 最大需要電力(送電端)と需要電力量(送電端、需要端、使用端)だ。

供給区域ごとの事情を反映した想定

供給区域ごとの需要想定について確認を行った結果、昨年度と比較し、同機関が公表した需要想定の前提となる経済指標の水準が下がったこと、至近の省エネの進展を反映したことなどから、各供給区域の電力需要は昨年よりも低い想定となった。

(※全文:1,754文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.