> > 地熱発電の出力を大幅アップさせる「超臨界地熱資源」 予想以上に存在か

地熱発電の出力を大幅アップさせる「超臨界地熱資源」 予想以上に存在か

 印刷 記事を保存

東北大学は1月24日、「超臨界地熱資源」が従来の予想以上に存在する可能性があることを明らかにした。この成果は、2017年1月24日の英科学誌 Nature Geoscience(オンライン版)に掲載されている。

「超臨界地熱資源」とは、地下深くで高温高圧下にある超臨界水(温度374℃以上、圧力22MPa以上の水)からなる地熱資源のこと。地熱発電に利用できる可能性がある。この超臨界地熱資源を利用できた場合、地熱発電所の生産井1本あたりの発電量が、従来型地熱資源を用いた場合(3~5MW)よりも約1桁大きくなる(35MW)見積もりだという。実際に、アイスランドでは近年、掘削により上記にあてはまるような450℃の超臨界地熱資源の存在が確認されている。

これまで、大陸地殻の大部分を構成する花崗岩質岩石はその性質上、深度約2km以上の高圧環境では水の流路となる亀裂に乏しく、透水性が極めて悪いという仮説が存在していた。

(※全文:802文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.