> > 環境省、グリーンボンドの「ハウツー」をまとめたガイドライン案に意見募集

環境省、グリーンボンドの「ハウツー」をまとめたガイドライン案に意見募集

 印刷 記事を保存

環境省は、「グリーンボンド」を国内に普及させるため、発行体・投資家・その他の市場関係者の実務担当者が参考にできるガイドラインの骨子案について、意見募集(パブリックコメント)を開始した。

グリーンボンドとは、企業や地方自治体等が再生可能エネルギー事業などのグリーンプロジェクトに要する資金を調達するために発行する債券をいう。

欧米の主要金融機関が2014年1月に、グリーンボンド発行時のガイドライン「グリーンボンド原則」(GBP)を策定したことをきっかけに、海外ではグリーンボンドの発行・投資が拡大している。

東京都の小池百合子知事が、2016年度にトライアルとして実施した「東京環境サポーター債」に続いて、2017年度は「東京グリーンボンド」として拡大して実施することを発表するなど、国内においても事例は出始めているが、海外と比べると普及は十分とはいえない。

(※全文:1144文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.