> > 植物工場のスプレッド、ドイツのITビジネス展示会「CeBIT2017」に出展

植物工場のスプレッド、ドイツのITビジネス展示会「CeBIT2017」に出展

 印刷 記事を保存

大規模植物工場を運営するスプレッド(京都府京都市)は、2017年3月20日~24日に、ハノーバー国際見本市会場(ドイツ・ハノーバー市)で開催される「CeBIT 2017」(国際情報通信技術見本市)にて、最先端野菜生産システム『Techno Farm™』を展示する。

「CeBIT 2017」は、IoT、ビッグデータ、クラウド、セキュリティなどのITビジネスに特化した、世界最大規模の国際展示会だ。世界70の国と地域から3,300の企業・団体が出展し、来場者数は約20万人にのぼる(前回実績、主催者発表)。

今回、スプレッドは「CeBIT 2017」のパートナーカントリーである日本の先端技術を紹介する「ジャパン・パビリオン」(主催:独立行政法人日本貿易振興機構)に参加。『Techno Farm™』の技術と情報システムを展示する。


この記事は、たとえば

  • 植物工場の導入を検討している事業者にとって、海外での実績をもつ製品として参考になります。
  • 植物工場メーカーにとって、他社の海外市場へのアプローチ方法として参照できます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.