> > 北陸電力が新会社 エネ診断・補助金申請・ESCOで省エネをサポート

北陸電力が新会社 エネ診断・補助金申請・ESCOで省エネをサポート

 印刷 記事を保存
北陸電力が新会社 エネ診断・補助金申請・ESCOで省エネをサポート

北陸電力は30日、エネルギーソリューション事業を展開する100%出資の子会社を設立すると発表した。

新会社の名称は「北陸電力ビズ・エナジーソリューション」(愛称:北電BEST(Biz Energy Solution))。同社では、省エネ・省コスト・省CO2など、顧客ニーズに合わせて、エネルギー設備の構築・効率的な運用をサポートする、「エネルギー設備受託サービス」や「ESCOサービス」を提供していく。

これらのサービスでは、エネルギー診断分析に基づいて、運用改善や設備リニューアルなどを提案、さらに顧客に代わり顧客敷地内にエネルギー設備を設置・所有し、運転・保守管理を行う。顧客はすべての費用をサービス料金として均平化して支払うため、初期投資ゼロで最適な設備を導入できるなどのメリットがある。

このほか、顧客の補助金申請をサポートする「省エネ・省CO2補助金申請支援サービス」、設備・工程単位だけでなく建物・企業全体のエネルギーの見える化を行い、各種報告書の作成などをサポートする「エネルギー診断分析サービス」等も行っていく。

資本金は1.1億円。設立日は2017年3月1日を予定している。

北陸電力は新会社設立の背景として、省エネ・省コスト・省CO2など、エネルギーに関する顧客のニーズがますます高度化・多様化しており、このようなニーズを踏まえた設備の構築・効率的な運用がこれまで以上に求められている状況をあげている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.