> > 自治体+企業による熱電供給事業がスタート 植物工場にはCO2も供給

自治体+企業による熱電供給事業がスタート 植物工場にはCO2も供給

 印刷 記事を保存

JFEエンジニアリングは2日、静岡県磐田市と共同で新会社を設立し、電力・熱・CO2を供給する事業を開始すると発表した。同社によると、民間企業と地方公共団体の共同出資による熱電供給事業は日本初となる。

新会社は、JFEエンジニアリング子会社の新電力、アーバンエナジー(神奈川県横浜市)から供給される電力を磐田市内の民間施設に販売する事業からスタート。その後、2018年度中を目処に、東名高速道路遠州豊田PA北側の商工業団地(磐田ららシティ)内にガスエンジン発電所を建設し、周辺企業等への熱供給を事業範囲に加える計画だ。

(※全文:957文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.