> > 廃棄物発電システムにAI技術を導入 最適運転・管理の省力化が可能に

廃棄物発電システムにAI技術を導入 最適運転・管理の省力化が可能に

 印刷 記事を保存

JFEエンジニアリングは6日、廃棄物発電施設において、AI(人工知能)技術を活用し、プラントの最適操業と自動化・省力化を図る取組みを開始すると発表した。

同社が運転を行う廃棄物発電施設に対し、日本アイ・ビー・エムのビッグデータから学習し知見を導き出す技術「コグニティブテクノロジー」を導入。本テクノロジーの有効性の確認を終え、2017年度中に廃棄物発電施設への試験導入を目指す。

同社はこれまで、廃棄物発電施設の効率的・安心で安定的な運転を長期に維持するため、プラントを遠隔監視・操業支援するシステム「JFEハイパーリモート®」を開発。横浜本社内のリモートサービスセンターに本システムを設置し、遠隔操業支援を行うとともに、そこで管理しているビッグデータの分析と有効な活用検討を行ってきた。

(※全文:784文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.