> > 植物工場など大規模施設にも対応可能な農業IoTサービス「みどりクラウド」

植物工場など大規模施設にも対応可能な農業IoTサービス「みどりクラウド」

 印刷 記事を保存

​株式会社セラクは、農業IoTサービス「みどりクラウド」のデータ収集端末である「みどりボックス」において、新たに露地栽培や植物工場などの大規模施設にて利用可能となる高機能版「みどりボックスPRO」の販売を開始した。

今回発売した「みどりボックスPRO」は、従来の「みどりボックス」・「みどりボックス2」と比べ、防塵防水性、および、センサーの拡張性を強化しており、これまで設置が困難であった露地栽培や大規模生産施設での使用が容易になる。

農業IoTサービス「みどりクラウド」は、過去2年半に亘って実際のユーザの声によって多数の機能改良を行ってきた。


この記事は、たとえば

  • 効率化・管理コスト削減を検討する農業関連事業者にとって、農業IoT導入のヒントになります。
  • 植物工場プラントメーカーにとって、競合製品の事例として参照できます。
  • 農業関連事業者をクライアントにもつ商社などにとって、新たな商材として参考になります。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.