> > 都市部の食料問題と食育を解決 米NYなど都市部で拡大するアクアポニクス

都市部の食料問題と食育を解決 米NYなど都市部で拡大するアクアポニクス

 印刷 記事を保存

米国・地産地消の市場規模は120億ドル

米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50億ドルから2014年には120億ドルまで拡大しており、今後も成長市場の一つとして都市部を中心に多くの生産事例や政府による支援が行われている。

ただし、都市部にて行われている栽培方法は露地栽培が中心であり、都市人口が急増している現在では、既存の栽培方法では対応が難しくなっているのも事実である。

例えば、ニューヨーク州の飢餓状況を調査したFAOでは、2008年のリーマン危機に並ぶほど、2015年の都市部における飢餓人口が増加していることを発表しており、今後も所得格差が拡大し、貧困に苦しむ都市人口が増えることが予想される。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.