> > 環境ビジネスも応募可能! 「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」

環境ビジネスも応募可能! 「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」

 印刷 記事を保存

環境省は2月7日、同省が取り組む「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」において、平成29年度の新たな事業の募集を開始した。

この事業は、地域における環境保全活動等を効果的に進めるための、民間団体・企業・地方公共団体等の異なる主体による協働取組を実証する。目的はその協働取組の手法を普及・共有すること。

なお、同実証事業は、環境省が事業発注する請負契約方式となるため補助金はなく、事業の成果物やプロセスは原則として全て公表される。

対象事業、テーマは4種類

地域を対象とした地方事業(8事業程度、請負額250万円未満)について、協働取組の進行状況に合わせ、「Aタイプ」と「Bタイプ」に分けて応募する。また該当するテーマを「低炭素社会・循環型社会・自然共生社会・その他」の中から選択する。

協働取組の進行状況

  • Aタイプ・・・すでに一定程度の協働取組の実績はあるが、協働取組の成功事例にまで発展が期待される事業。
  • Bタイプ・・・法に基づく協定等の締結や連携を越えた協働取組を展開するには至っていない事業。

該当するテーマ

  • 低炭素社会・・・気候に悪影響を及ぼさない水準で大気中温室効果ガス濃度の安定化などをテーマにした取組み。
  • 循環型社会・・・廃棄物などの発生抑制や循環資源の利用などをテーマにした取組み。
  • 自然共生社会・・・生物多様性の保全や社会経済活動を自然との調和したものなどをテーマにした取組み。
  • その他・・・環境保全活動ならびにその促進のための意欲を増進させることをテーマにした取組み。

対象者

  • 環境関係の活動を行う団体(NPO法人、一般社団法人、一般財団法人等)
  • 地域で環境保全に係る事業を行う協議会
  • その他法人で国との請負契約者となりうる者

実施期間はAタイプ、Bタイプともに2018年3月まで。応募方法は2017年3月31日までに、申請書一式を事業実施地域を管轄する地方環境事務所の窓口へ提出する。詳細は環境省ホームページを参照。

なお、同事業の実施については、平成29年度予算の成立を前提としているため、内容が変更になる可能性もある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.