> > 東京都の官民連携再エネファンド、栃木県のメガソーラーに投資

東京都の官民連携再エネファンド、栃木県のメガソーラーに投資

 印刷 記事を保存
東京都の官民連携再エネファンド、栃木県のメガソーラーに投資

官民連携再生可能エネルギーファンドの投融資案件

東京都は2月10日、官民連携再生可能エネルギーファンド事業において、JAGインベストメントマネジメント(東京都千代田区)が運営するファンドが、壬生ソーラーウェイ合同会社(栃木県)に投融資したことを発表した。

投融資のファンド名は、T・JAGグリーンエナジー投資事業有限責任組合。投資先事業は、壬生ソーラーウェイ合同会社が2017年3月の運転開始を予定している太陽光発電事業。出力は約16,800kWで、総事業費は約65億円。

今回発表された栃木県における投融資案件は、太陽光発電所の建設により、再生可能エネルギーの導入を促進することが目的。また、同案件は、未利用地の有効活用や固定資産税などの支払いを通じて、地域経済への貢献につながることが期待されている。

官民連携再生可能エネルギーファンド事業は、再生可能エネルギーの東北地方等における広域的な普及拡大及び都内での導入促進等が目的だ。このファンドは再生可能エネルギー発電事業に特化しており、投資対象を東京電力、東北電力管内とする「広域型ファンド」と都内の発電事業に投資できる「都内投資促進型ファンド」で構成されている。出資総額は100億円程度になる予定。現在までに、今回の案件を含めた9案件が投融資先として決定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.