> > 複雑な木質バイオマス利用事業 JWBAが先進事例の成果報告会など開催

複雑な木質バイオマス利用事業 JWBAが先進事例の成果報告会など開催

 印刷 記事を保存

(一社)日本木質バイオマスエネルギー協会は、3月に東京都内と北九州市で、2016年度に実施した木質バイオマスの加工や利用に関する支援事業の成果報告会を開催する。

木質バイオマス利用支援体制構築事業の成果報告会

この事業は、未利用の木質バイオマスを利用した発電・熱供給・熱電併給を推進するため、現状の諸課題に対し、課題解決に必要な調査・分析や、関連施設の円滑な導入に向けた相談窓口の設置・技術者派遣の支援、グリーン投資減税の対象要件確認・証明書発行、小規模発電の取組の支援など、サポート体制の構築を行う事業。

3月6日に東京都で、3月16日に北九州市で開催される報告会では、調査結果をもとに木質バイオマスエネルギーの今後の展開を見据えたヒントとなる最新状況の報告と燃料材の供給・調達に関するパネルディスカッション・講演会を行う。

東京会場

日時は3月6日(月)の13:30~17:15。会場は飯田橋レインボービル 大会議室(東京都新宿区)。定員は先着250名、参加費は無料。閉会後の17:30~19:00には情報交換会(参加費1,000円)も行われる。

申込みは2月27日までに同協会のウェブサイトから。プログラムは下記の通り。

  1. 熱電併給実態調査
  2. 熱利用実態調査
  3. 国産燃料材の共有可能性量推計手法検討調査
  4. 相談・サポート体制の確立事業
  5. パネルディスカッション「燃料材の供給・調達の課題と対応」

パネルディスカッションのパネリストは久保山裕史氏(森林総合研究所)、日高勝三郎氏(全国素材性産業協同連合会)、中村幹広氏(岐阜県立森林文化アカデミー)、三上幸三氏(兵庫県森林組合連合会)、森山和浩氏(グリーン発電大分)。コーディネーターは同協会の加藤鐵夫氏が務める。

北九州会場

日時は3月16日(木)の13:30~16:30。会場はリーガロイヤルホテル小倉 ロイヤルホールII・III(福岡県北九州市)。定員は先着250名、参加費は無料。情報交換会(参加費3,000円)は閉会後の17:00~19:00。

申込みは3月9日までに同協会のウェブサイトから。プログラムは下記の通り。

  1. 熱電併給実態調査
  2. 熱利用実態調査
  3. 国産燃料材の共有可能性量推計手法検討調査
  4. 相談・サポート体制の確立事業
  5. 講演会「中国木材の木質バイオマス発電への取り組み」 堀川保幸氏(中国木材 代表取締役会長)

木質バイオマス加工・利用システム開発事業の成果報告会

この事業は、未利用の木質バイオマスを原料とする高付加価値製品や、発電効率の高い新たな木質バイオマス発電システム、セルロースナノファイバーなどのマテリアル利用技術等の開発・改良・試験生産などを行う事業。

報告会では、同事業に採択された8課題について、今年度の取り組み内容と成果を紹介する。木質バイオマスの有効利用を図っていくことを目的とする。

日時は3月7日(火)の13:30~17:30。会場は日本教育会館 第一会議室(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)。定員は先着250名、参加費は無料。

申込みは2月28日までに同協会のウェブサイトから。プログラムは下記の通り、同事業に採択された8課題を3つの技術開発に分けて紹介するプログラム構成になっている。

燃料利用に関する技術開発

  1. 林地残材等のトレファクション燃料化による高効率利用技術の確立
  2. 竹類改質による燃料化開発事業
  3. 多様な熱源を効率的に活用する対流伝熱・伝導伝熱併用型乾燥パネルを用いた木質チップス乾燥システムの開発・実証

利用システムに関する技術開発

  1. 難利用材を対象とした自立燃焼型炭化炉と微粉炭バーナーの開発 Phase2
  2. 小規模木質バイオマス発電実証事業

マテリアル利用に関する技術開発

  1. 木質バイオマス燃焼灰循環利用のための林地還元技術の開発
  2. 酵素・湿式粉砕を用いたセルロースナノファイバー生産技術の確立と新規利用技術の開発
  3. 竹資源のグリーンテクノロジーによる高度利用技術の開発

2015年の6月に発足した日本木質バイオマスエネルギー協会は、環境ビジネスオンラインでも連載した熊崎実氏が会長を務める、情報の共有と意見交換を通して、木質バイオマスのエネルギー利用を総合的・戦略的に推進する組織。

【参考】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.