> > 「連節バス」もハイブリッド車に いすゞ・日野が共同開発へ

「連節バス」もハイブリッド車に いすゞ・日野が共同開発へ

 印刷 記事を保存
「連節バス」もハイブリッド車に いすゞ・日野が共同開発へ

いすゞ自動車(東京都品川区)と日野自動車(東京都日野市)は2月13日、国産初のハイブリッド連節バスを共同で開発することを発表した。

連節バスは、車体が2連以上つながっているバスを指し、その全長は通常のバスより約7メートル長い18メートル。従来のバスと比べて、効率的な大量輸送を可能とし、車体が途中で折れ曲がるため小回りが効くという特徴がある。また、今回いすゞ自動車と日野自動車が共同で開発する連節バスは、日本の法規に合わせた車両サイズとし環境負荷にも配慮してハイブリッドシステムを採用する。

生産は、ジェイ・バス(石川県小松市)で行い、2019年の市場投入を目指している。ジェイ・バスはいすゞ自動車・日野自動車の両社が出資して2004年に設立され、バスの生産・供給をしている。なお、開発するバスの具体的な導入先などは未定である。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.