> > ローソン、新店舗でVPPの構築実験スタート 約6割節電でネガワット創出

ローソン、新店舗でVPPの構築実験スタート 約6割節電でネガワット創出

 印刷 記事を保存
ローソン、新店舗でVPPの構築実験スタート 約6割節電でネガワット創出

ローソンは、東京都小平市に、IoT化された機器の導入により、エネルギーの一括制御・節電を通じて、バーチャルパワープラント(VPP)として電力リソースを創出する実証実験を行うコンビニエンスストアを2月17日(金)にオープンする。同店舗では、外部調達する電力量を2015年度の標準的な店舗対比で約6割削減する見込み。

この取組みは、経済産業省の「バーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業」の一環として、慶應義塾大学SFC研究所と共に実施する。コンビニエンスストアで「VPP構築実証事業」の採択を受けたのはローソンが初めて。実証実験では節電したエネルギー量の算出を行う等、経済産業省が2017年度中の創設を目指す、節電市場にむけた取組みを先行実施する。

VPPは、高度なエネルギー制御技術により、電力グリッド上に散在する、再生可能エネルギー発電設備蓄電池、節電などの取組みを統合的に制御し、あたかもひとつの発電所(仮想発電所)のように機能させるもの。VPP構築実証事業では、節電した電力量(ネガワット)を売電できる「ネガワット取引市場」における取引を見据えた機器制御技術の高度化も目的としている。

太陽光発電やLED、パッシブデザインなど

この店舗ではバーチャルパワープラント(VPP)や太陽光発電システムによる創エネ、最新の省エネ施策を導入することで大幅な省エネを実現する。

具体的には、「自然循環換気」や「床下吸気による地熱利用」「換気トップライト」などを取り入れた省エネ性能の高い建物に加え、IoT化により遠隔制御が可能な「蓄電池」や「LED照明」を導入することで、遠隔制御・節電によるエネルギーの創出を可能した。

また、新店舗では、省エネ性能の高い建築物に与えられる、「建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)」で、五つ星+ZEB認証をコンビニエンスストアとして初めて取得した。

ローソンは、2008年より、最新の創エネ設備と省エネ施策を導入し、実験・検証を行う、環境に配慮した店舗をオープンしている。これまでの実験検証で得られたノウハウをもとに、「LED照明」「CO2冷媒冷凍冷蔵機」「太陽光発電設備」の既存の店舗への導入を進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.