> > アジア太平洋の島国に再エネ導入 淡路島などで環境省が支援研修を実施

アジア太平洋の島国に再エネ導入 淡路島などで環境省が支援研修を実施

 印刷 記事を保存

環境省と国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は2月6日から10日、アジア太平洋の島嶼国から要人を招き、再生可能エネルギーを普及させる上で必要な能力を構築することを目的とした支援研修を、東京・神戸市・淡路島において実施した。

この支援研修は昨年2月に続いて2回目。参加者はアジア太平洋の島嶼国の行政官12名、IRENA事務局2名、研修講師(環境省、経済産業省、外務省、JICA、兵庫県等)13名、関係者・事務局等11名の計38名。

環境省は、支援研修の結果概要について、以下の通りとりまとめた。

(※全文:1055文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.