> > エストニアの企業、デザイン家電としての植物工場を開発(140万円)

エストニアの企業、デザイン家電としての植物工場を開発(140万円)

 印刷 記事を保存
エストニアの企業、デザイン家電としての植物工場を開発(140万円)

エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consumer Electronics Show:民間機器技術のイベント)で、デザイン性に優れた家電としての植物工場商品「キッチンガーデン(自動調節式植物栽培装置)」を発表した。

価格は14,000ドル(140万円)と高額だが、多くの機能が搭載されている。

キッチンガーデンの主な特徴

  • 温度、湿度、栄養、pHの自動調整ができる。
  • 30種類以上のハーブや野菜を栽培できる。
  • 32~64の植物を同時に栽培可能であり、4人家族には十分な収穫量を得られる。
  • 苗床が付いている為、最適条件で発芽させることが可能。
  • wi-fi、イーサネット、3G接続が可能。
  • LED、ポンプ、ファンの各部分のセンサーで、リアルタイムに栽培環境の状況が確認可能。

この記事は、たとえば

  • 家電製品を取り扱う事業者にとって、新たな商材として参考になります。
  • 人工光型植物工場メーカーにとって、他社製品として参照できます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.