> > 水素とCO2→プラスチック原料の触媒開発、2019年度まで延長

水素とCO2→プラスチック原料の触媒開発、2019年度まで延長

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月17日、水素とCO2を反応させプラスチック原料を回収する高効率合成触媒などを開発する事業者を2017年3月下旬から公募する予定と発表した。

人工光合成 → 水素 → プラスチック原料

このプロジェクトは、高効率の光触媒を用いて太陽エネルギーにより水から水素を製造(ソーラー水素)し、高効率分離膜により水素を分離・精製して、さらにソーラー水素とCO2を原料として高効率合成触媒を用いてプラスチック原料等の基幹化学品を製造するプロセスなどを開発するプロジェクトの一部。これによりCO2排出量の削減や化石資源に依存しない原料による基幹化学品の製造に大きく貢献することが目的だ。

今回の公募では、目的のプラスチック原料であるオレフィンC2、C3、C4それぞれの収率を大幅に向上する高効率合成触媒などの開発について公募を行う予定。事業期間は2017年度から2021年度まで。企業(団体などを含む)や大学などが応募可能だ。

(※全文:1415文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.