> > これぞ本物?!「100%自然エネ電気」 ネクストエナジーが販売開始

これぞ本物?!「100%自然エネ電気」 ネクストエナジーが販売開始

 印刷 記事を保存
これぞ本物?!「100%自然エネ電気」 ネクストエナジーが販売開始

ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は、グリーン電力証書を活用し、家庭等向けに「100%自然エネルギー電力」を実現した電力プランの販売を24日から開始した。

今回、同社は「CO2排出係数をゼロに抑えた電力」を提供する電力プラン「GREENa(グリーナ)でんき」として、2種類のサービスを用意した。

FIT電気の環境価値ゼロをグリーン電力証書で取り戻す

このうち「GREENa RE100プラン」は、自然エネルギー(FIT電気)を供給するとともに、顧客の全使用電力に「グリーン電力証書」を適用し、100%自然エネルギー(再生可能エネルギー)を実現する電力プラン。同社によると日本初の取組みとなる。

グリーン電力証書とは、電力がもつ環境価値を取引するために使われるもの。どこかで「環境にいい電力」を発生させた事業者が販売し、「環境にいい電力」を使いたい事業者が購入して電力の環境価値を移動させ、その事実を広く社会に向けて公表できるしくみ。

J-クレジット制度活用プランで「CO2排出ゼロ」

もうひとつの「GREENa スタンダードプラン」は、地球環境にもお財布にもやさしい、お得なプランとして提供する。自然エネルギー(FIT電気)の電源構成比率は50%(2017年計画値)かつ、残りの50%分をJ-クレジット制度によるクレジット(CO2排出権)を購入することで、CO2の排出係数ゼロの電力を実現する。

J-クレジット制度は、省エネルギー機器の導入や森林経営等の取組みによるCO2等の温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度をいう。

このため、今回のサービスにおける「CO2の排出がゼロ」は、「ネクストエナジーの電力事業が、地球温暖化対策の推進に関する法律に基づくCO2排出係数(調整後排出係数)について、2015年度実績でゼロとなる」ことを約束するものだ。


なお、FIT電気は、政府から固定価格買取制度(FIT制度)による交付金を受けた電気をいい、再生可能エネルギーとしての価値である「環境価値」は存在せず、CO2削減効果も存在しないことになる。今回ネクストエナジーは、グリーン電力証書やJ-クレジット制度を活用することで、環境価値やCO2排出削減効果を取り戻して販売する。

同サービスは東京電力、中部電力、関西電力エリアで販売を開始。それぞれファミリー、ビジネス、動力の3つの料金メニューを用意している。

家庭の電気料金を、東京電力の従量電灯B、契約容量30A、月額使用料300kWhのケースでシミュレーションすると、「GREENa RE100プラン」ではこれまでとほぼ同じ電気料金、「GREENa スタンダードプラン」では3000円程度安くなると見込まれる。

ネクストエナジー・アンド・リソースは自然エネルギー関連の事業を展開する。グリーン電力証書とJ-クレジット制度を活用した「GREENa(グリーナ)でんき」で、「100%自然エネルギーの未来」を目指していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.