> > グリーン電力

環境用語集

グリーン電力【ぐりーんでんりょく】

グリーン電力とは

グリーン電力とは、太陽光、風力、バイオマス、水力、地熱など、自然を利用した「再生可能エネルギー」で作った電気をいう。再生可能エネルギーは、資源が枯渇せず、比較的短い期間に再生が可能で繰り返し使えるエネルギーと定義されている。また、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素や、地球に悪影響を与える有害ガスをほとんど排出せず、環境に与える負荷が小さいといった特性(環境価値)を有している。

グリーン電力証書とは

グリーン電力は、電気そのもの価値のほかに、省エネルギー(化石燃料削減)・二酸化炭素排出削減など、再生可能エネルギーによって発電された電気としての「環境価値」を備えている。グリーン電力の環境価値を証書化して、「グリーン電力証書」として取引する仕組みがある。

企業などがグリーン電力証書を購入した費用が、グリーン電力発電事業者に提供されることで、グリーン電力の普及・拡大を支援するものだ。また、グリーン電力証書を購入した企業などは、自らが使用する電気が再生可能エネルギーによって発電されたものとみなすことができる。

但し、グリーン電力証書にできるのは、自家消費された電力量の持つ環境価値のみ。グリーン電力の要件を満たす発電設備の認定や、グリーン電力証書の発行などの業務は、第三者機関が行っている。

関連ニュース 等

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.