> > 熊本県水俣市でも地域エネルギー会社設立へ 官民で実証試験スタート

熊本県水俣市でも地域エネルギー会社設立へ 官民で実証試験スタート

 印刷 記事を保存
熊本県水俣市でも地域エネルギー会社設立へ 官民で実証試験スタート

実証試験スキーム

JFEエンジニアリング(東京都千代田区)は、熊本県水俣市、JNC(東京都千代田区)と共同で「再生可能エネルギーを中心とした電力による水俣市保有施設への電力供給」の実証試験を行うことを2月27日に発表した。

今回の実証試験では、JFEエンジニアリングが保有する再生可能エネルギー発電所に加え、JNCが保有する水力発電所からの電力をJFEエンジニアリングの子会社であるアーバンエナジー(神奈川県横浜市)を通じて、水俣市が保有する施設に2017年度の早い時期より供給する。これは熊本県内の球磨川流域等の豊富な水量による水力発電を利用する形だ。

実証試験では供給開始後、6ヶ月ないし1年を目処に、電力供給先の再生可能エネルギー比率の向上によるCO2排出量削減や、供給の安定性、料金削減などを確認する。効果が確認され次第、水俣市・JNC・JFEエンジニアリングは、共同出資による地域エネルギー供給会社を設立する協議を開始するとしている。

共同試験期間は、2017年2月~2018年3月の予定。ただしこの期間中に事業化に進む可能性もある。小売電気事業者はアーバンエナジーで、電力供給先は水俣市役所等の水俣市保有施設、電力供給規模は約1000kWとなっている。これによる電力のCO2排出係数は、現在契約中の電力会社に比べ、0.279kg-CO2/kWh減少の0.249kg-CO2/kWhとなる予定だ。

JFEエンジニアリングは官民連携による地域エネルギー供給会社として、2017年4月1日、静岡県磐田市と共同で「スマートエナジー磐田」を設立する。JFEエンジニアリンググループは、地域の特性を活かしながら環境負荷とエネルギーコストを低減し、地域とともに歩む地産地消型エネルギー供給事業を今後も積極的に進めていくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.