> > 「移動可能な太陽光利用型植物工場」+「小型風車」を融合した新商品

「移動可能な太陽光利用型植物工場」+「小型風車」を融合した新商品

 印刷 記事を保存

再エネを組み合わせた植物工場の販売を手掛ける、農業ベンチャー企業のグリーンラボ(福岡県福岡市)は、従来ないタイプの農業用電力としての活用を目的に、新商品として販売する連結型植物工場システムに、ウィンドレンズ社が製造・販売する次世代都市型小型風車「風レンズ風車」を採用した。

同社は「次世代農業と再生可能エネルギーを通じて持続可能な地域社会を創造する」を企業理念に掲げ、農業を中心にした新しい地方創生を目指し、2015年2月に会社を設立。2015年8月から福岡県久留米市善導寺町で、当初耕作放棄地であった土地を一部再生し、放棄ビニールハウスの修復を行いトマト生産をスタートさせた。


この記事は、たとえば

  • 植物工場の導入を検討する事業者にとって、導入する製品の参考になります。
  • 風力発電メーカーや同関係者にとって、植物工場と連携する事例として参考になります。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.