> > 廃棄物処理・リサイクルの先進モデル「エコタウン」の成果報告会

廃棄物処理・リサイクルの先進モデル「エコタウン」の成果報告会

 印刷 記事を保存
廃棄物処理・リサイクルの先進モデル「エコタウン」の成果報告会

環境省は、エコタウンに関する成果や取組について議論する「産業・地域共生のための動静脈ネットワーク会議」を3月15日(水)に開催する。申込み先着順で30名程度の傍聴が可能だ。

同会議は、環境省と経済産業省の共同承認を受けた26地域のエコタウン等における取組を関係者で共有し、さらに連携を深め広く社会に発信することを目的とし実施されるもの。

開催時間は10:00~12:00(最大12:30まで延長する可能性あり)。会場は、TKP新橋内幸町ビジネスセンター ホール611。傍聴希望者は、電子メールかファックスで3月13日(月)12時までに申し込む。申込み件数につき、1名が傍聴できる。同会議の議題(案)は下記の通り。

  1. エコタウン等高度化モデル事業の報告
  2. エコタウン事業のレビューと今後の方向性
  3. 来年度の環境省のリサイクル関連事業の取組

エコタウン事業は、ある産業から出るすべての廃棄物を新たに他の分野の原料として活用し、あらゆる廃棄物をゼロにすることを目指す「ゼロ・エミッション構想」を基本構想として、先進的な環境調和型のまちづくりを推進することを目的に、1997年度に創設された事業。

それぞれの地域の特性に応じて都道府県や市町村が作成したプランを、環境省・経済産業省が共同で承認し、このプランに基づき実施される事業について、地方公共団体や民間団体に対して総合的・多面的な支援が行われてきた。制度創設以降、全国で26地域が承認されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.