> > 北海道での再エネ発電、設備認定の失効を猶予 政府がパブコメ募集中

北海道での再エネ発電、設備認定の失効を猶予 政府がパブコメ募集中

 印刷 記事を保存

資源エネルギー庁は3月16日まで、北海道電力管内で期間内に接続契約の締結を行うことができず、設備認定の失効期限を超過する再生可能エネルギー発電設備に対し、特別に失効を猶予する対応について意見を募集する。

今回の意見募集は、国の審議会(総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー部会 系統ワーキンググループ)が、再エネ特措法(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法)における設備認定の失効が猶与される措置を講ずる必要があることに審議を行い、これを了承したことを受けたものだ。

(※全文:645文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.