> > 燃料に不向きな竹、木質バイオマス燃料と同等の品質にする新技術

燃料に不向きな竹、木質バイオマス燃料と同等の品質にする新技術

 印刷 記事を保存

日立製作所(東京都千代田区)は3月9日、竹類からカリウムと塩素を溶出させることで発電用木質バイオマス燃料と同等の品質に改質する技術を開発したことを発表した。また同時に、品質改良時に溶出した成分が植物育成剤として利用が可能であることも確認した。

同社は、この技術により、従来バイオ燃料には不向きとされていた竹類を有効なエネルギー源にすることが出来るとしている。それにより、持続可能なバイオマス再生循環システムの確立につながるともしている。

この技術は、林野庁の補助事業である「木質バイオマス加工・利用システム開発事業」として、福岡県八女市と北九州市の協力のもと、2年間にわたり開発を進めてきたものだ。

竹がバイオマス燃料に不向きな理由

なぜ竹がバイオ燃料に不向きなのかといえば、木質に比べてカリウムの含有量が多く、塩素濃度が高いためである。

(※全文:1291文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.