> > 新開発、殺菌用水銀ランプに迫る高効率の深紫外LED 農業・医療向けに期待

新開発、殺菌用水銀ランプに迫る高効率の深紫外LED 農業・医療向けに期待

 印刷 記事を保存

理化学研究所(理研)産業連携本部イノベーション推進センター高効率紫外線LED研究チームの椿健治チームリーダーなどは、殺菌用の深紫外LED(発光ダイオード)を従来の5倍程度高効率化することに成功した。

波長200~350ナノメートル(nm、1nmは10億分の1メートル)の光を発光する深紫外LEDは、殺菌・浄水、空気清浄をはじめ、医療、樹脂硬化形成・接着、印刷など非常に広い応用分野での利用が期待されている。


この記事は、たとえば

  • 殺菌灯を使用する農業関係者・医療関係者にとって、より低コストな製品が今後登場することが想定できます。
  • 殺菌用水銀ランプを取り扱う事業者にとって、取り扱う製品の変化を想定できます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.