> > 日本の「水ビジネス国際戦略」公表 シェア率0.4%の世界市場でどう戦う

日本の「水ビジネス国際戦略」公表 シェア率0.4%の世界市場でどう戦う

 印刷 記事を保存

経済産業省は3月13日、水ビジネスの国際展開について現状と課題等を整理し、海外展開に向けての調査・検討を行い、日本の水関連企業等による水ビジネスの今後の海外展開の方向性を取りまとめ、公表した。

日本の水ビジネスは、2010年6月に策定された「水ビジネスの国際展開に向けた課題と具体的方策」により、造水・工業用水・再生水といった成長ゾーンへの展開や上下水分野であるボリュームゾーンへの展開を方向性としてきた。

国内の水関連企業等は、海外の水事業会社等の買収や出資、国内で地方自治体から浄水場等の運用・管理を包括的に委託する事業を担うなど、水ビジネス市場での競争力確保の取組が進展しつつある。

しかしながら、世界の水ビジネス市場における国内水関連企業等の市場占有率は0.4%(2015年3月「水ビジネス市場に関する動向調査」より試算)と極めて低い状況にある。こうした現状を踏まえ、同省は、従来の水ビジネスの国際展開について現状と課題等を整理し、今後の更なる海外展開に向けての調査・検討を行ってきた。

公表された概要は下記の通り。

(※全文:1551文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.