> > 下水処理の省エネ技術2種類 国交省が導入者向けガイドライン公表

下水処理の省エネ技術2種類 国交省が導入者向けガイドライン公表

 印刷 記事を保存

国土交通省は3月14日、実証により省エネ効果が確認できた2種の省エネ下水処理技術について、各技術の導入ガイドライン(案)を策定したと発表した。

下水道事業は全国の電力消費量の約0.7%という多くのエネルギーを消費しており、省エネが課題となっている。

そこで国土交通省は、2014年度より、下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)として、既存施設を改造した「標準活性汚泥法代替省エネ型水処理技術(無曝気循環式水処理技術)実証研究」および、「高効率固液分離技術と二点DO(2地点の溶存酸素)制御技術を用いた省エネ型水処理技術実証研究」を実施し、効果を確認した。

この成果を踏まえ策定された同ガイドライン(案)は、下水道事業者がこの技術の導入を検討する際に参考にできるよう、技術の概要・評価、導入検討、設計・維持管理等に関する技術的事項についてとりまとめられており、国土技術政策総合研究所ホームページに公開されている。

各省エネ下水処理技術の概要は下記の通り。

無曝気(むばっき)循環式水処理技術

無曝気循環式水処理技術実証事業

水質基準を満たしながら、従来の標準活性汚泥法よりも消費電力量を53%削減

同技術は、既存施設内に前段濾過、散水担体濾床、最終濾過等からなる施設を設置して、送風機による曝気を行わずにBOD(生物化学的酸素要求量)を除去する省エネ技術だ。汚泥発生量の減少による維持管理費削減も期待できる。また、自動化によりシステムの安定性を確保し、特別な制御を必要としないため、熟練技術者が不要である。

高効率固液分離技術と二点DO制御技術を用いた下水処理の省エネ型高度処理技術

高効率固液分離技術と二点DO制御技術を用いた下水処理の省エネ型高度処理技術

消費電力量を従来の高度処理技術の約40%に削減

同技術は、前処理設備に高効率固液分離技術を採用し、また、無終端水路(循環する水路)とした反応タンクに二点DO制御技術を採用することで、好気ゾーン・無酸素ゾーンを形成することにより、既存施設を増設することなく、安定的に窒素を除去しつつ従来の高度処理より省エネルギー化できる技術。維持管理費削減も期待できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.