> > 包括的業務提携で市場変化に先手 廃棄物処理大手2社、事業を相互補完

包括的業務提携で市場変化に先手 廃棄物処理大手2社、事業を相互補完

 印刷 記事を保存

神鋼環境ソリューション(兵庫県神戸市)とIHI環境エンジニアリング(東京都江東区)は3月27日、地方公共団体等向けのごみ焼却施設建設工事を中心とする廃棄物処理施設関連分野において、包括的業務提携契約を結んだことを発表した。2017年4月から両社で活動を開始する予定。

この提携では、「販売活動の一体運営体制の構築・運用」「共同受注案件の共同遂行」「ライセンスの相互許諾」「共同研究開発の実施」等を予定している。具体的内容等については両社にて引き続き協議を行っていく。

今後の廃棄物処理施設関連分野での事業環境は、日本の人口減等に伴う市場規模の変化など、新たな経営環境に置かれることから、これに対応する必要がある。

そのため両社は包括的業務提携に関する基本協定を結び、競争力や提案力に一層の磨きをかけ、両社一体として強固な事業基盤を構築していくことに合意した。

ごみ焼却施設に関しては、製品ラインナップ充実やその他の観点からも両社は相互補完関係にある。そのためお互いを最良の協業パートナーと位置付けている。この提携を機に、両社は強みや特長を最適融合しつつ、企業価値を向上させていく予定。

神鋼環境ソリューションは、神戸製鋼グループの環境分野を担う会社として、水処理関連事業、廃棄物処理関連事業、化学・食品機械関連事業等を展開している。IHI環境エンジニアリングは、IHIグループで環境分野を担う中核会社として、廃棄物処理施設・水処理施設等の環境関連設備事業等を手がけている。

なお、今般の包括的業務提携契約の締結に当たり、両社は公正取引委員会と事前に相談を行った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.