> > 楽天、「環境価値」や「ネガワット」の取引市場創設へ

楽天、「環境価値」や「ネガワット」の取引市場創設へ

 印刷 記事を保存
楽天、「環境価値」や「ネガワット」の取引市場創設へ

楽天(東京都世田谷区)は3月27日、国や自治体が認証・価値化したCO2などの温室効果ガスの排出削減量(環境価値)や、需要家が節電した電力量(ネガワット)を取引する私設取引プラットフォームを、グローバルエンジニアリング(福岡県福岡市)と共同で創設することに合意したと発表した。

今回の合意により、両社は今秋にプラットフォームを創設する予定。環境価値として取引の対象となるのは、CO2などの温室効果ガスの排出削減量・吸収量を「クレジット」として国が認証する「J-クレジット」、温室効果ガスの排出枠(キャップ)を容認する権利「排出権」、経済産業省が検討を進めている非化石エネルギー源により発電された電力に与えられる証書「非化石証書」、ネガワットなど。

ただし「J-クレジット」についてはプラットフォーム創設に先行し、3月27日より楽天ウェブサイトにおいて購入や売却を希望する者への取引仲介サービスを開始する。

同社は、この取組みにより各取引におけるオープンな価格設定を実現し、取引活性化や各分野におけるイノベーティブな技術の導入促進をめざすとしている。

環境価値とネガワット取引の活発化を見込む

2016年にパリ協定が発効され、世界全体で環境に対する関心が高まる中、日本においてJ-クレジットや排出権取引が大手企業のカーボン・オフセット、小売電気事業者の排出係数低減策として注目されている。

また再生可能エネルギー固定価格買取制度による太陽光発電の急速な普及や、長期エネルギー需給見通しに基づくさらなる再生可能エネルギーの導入、2017年より本格的に始まるネガワット取引により、「環境価値」や「ネガワット」に関する取引はさらに活発化する見込みといわれている。これらの状況を踏まえ、両社は今回の合意に至った。

楽天は、2013年6月に電力を中心としたエネルギーソリューションサービスを提供する「楽天エナジー」を立ち上げ、楽天トラベルと契約する宿泊施設等に対する、電力サービス等を提供してきた。また2017年2月21日に、経済産業省・資源エネルギー庁から小売電気事業者に登録され、2017年4月より電力小売事業へ本格的に参入する。

グローバルエンジニアリングは、小売電力事業やデマンドレスポンスサービス、発電設備の販売・メンテナンスなどを手掛ける。また、経済産業省が一般財団法人エネルギー総合工学研究所を通じて公募する実証事業「バーチャルパワープラント構築事業費補助金(アグリゲーター事業)」に参加する1社として、社会に分散するエネルギーリソースを統合的に制御し、あたかも一つの発電所のように機能する仮想発電所の構築を推進している。

両社は、これまで培った経験を生かし、「環境価値」と「ネガワット」の積極的な創出、ならびに私設市場の創設による取引活性化に取り組んでいく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.