> > 農業のICT化・IoT化に使う環境計測システムに新製品 カメラも搭載

農業のICT化・IoT化に使う環境計測システムに新製品 カメラも搭載

 印刷 記事を保存

ジョイ・ワールド・パシフィック(青森県平川市)は、農業用ハウス内の温度、湿度、CO2濃度および気圧を標準で計測できるほか、静止画撮影用のカメラを装備する、新たな農業IoTシステム「あぐりクラウド™ LIGHT(ライト)」を2017年6月に発売する。

利用者がスマートフォン(スマホ)などで、手軽にハウスの環境やカメラ画像を確認できるのが特徴。通信は、携帯と同じ通信機の他、Wi-Fi、オプションで920MHz帯無線に対応している。


この記事は、たとえば

  • 植物工場やビニールハウスを利用する事業者にとって、ICT化を推進する参考になります。
  • 農業に関する事業者にとって、取り扱う・組み込む製品の候補として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.