> > パシフィコ横浜や公園のゴミ、廃棄物発電で地産地消する電力に

パシフィコ横浜や公園のゴミ、廃棄物発電で地産地消する電力に

 印刷 記事を保存
パシフィコ横浜や公園のゴミ、廃棄物発電で地産地消する電力に

自前の廃棄物で発電した電力消費のスキーム図(創電割®)

アーバンエナジー(神奈川県横浜市)は3月27日、横浜国際平和会議場(神奈川県横浜市、通称パシフィコ横浜)が管理する臨港パーク施設や公園で収集される廃棄物から発電した電力を買取り、それを廃棄物発生元に供給することを発表した。電力供給は4月2日より開始する。

収集・運搬された廃棄物は、JFE環境(神奈川県横浜市)が運営する産業廃棄物処理施設で焼却・発電される。アーバンエナジーは、そこで発電した電力を買取り、臨港パークに供給する。

発生する電力は、臨港パークの電力需要の一部を賄うもので、契約電力は65kW。電力供給量は年間約30万kWhで一般家庭約100世帯分に相当する。

臨港パーク外観

臨港パーク外観

アーバンエナジーは、JFEエンジニアリング(東京都千代田区)の100%子会社の新電力。今回の事業は、廃棄物の電力転換分を値引き還元する同社の「創電割®(そうでんわり)」サービスを導入したものである。

アーバンエナジーは横浜市内に本社を置く電力会社として最大の小売販売量実績を有する。バイオマス発電などJFEエンジニアリングが建設・運営に係る発電所を電源としており、再生可能エネルギー比率の高い電源を持つ。

今回、アーバンエナジーはJFEグループの複合的な提案として、廃棄物を電力に転換して活用する提案を行い、これが高く評価され受注に至った。JFEグループは、今後もグループの幅広い技術を活用し、一体となって環境負荷を低減する事業を展開していく考えだ。

なお、「パシフィコ横浜」の略称をもつ横浜国際平和会議場は、国内最大級の複合MICE(Meeting、Incentive Travel、Convention、Exhibition)施設である。今回の電力供給は、循環型エネルギーシステムによる持続可能(サステイナブル)な施設の実現をめざして行った取り組みだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.