> > 地産地消型の再エネ・省エネ69事例 NEPCの可能性調査・事業計画まとめ

地産地消型の再エネ・省エネ69事例 NEPCの可能性調査・事業計画まとめ

 印刷 記事を保存

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は3月29日、地産地消型のエネルギーシステムの構築を進めるために実施する事業化可能性調査や事業計画策定を支援する補助事業で2016年に採択した69件について、各事業者より提出された成果報告書の要約版を公表した。

報告書には、設備概要を含めたEMSの構成や事業実施体制・事業スキーム・スケジュール、採算性評価など、可能性調査・事業計画策定を行った結果が取りまとめられている。

今回採択されている事業は、「事業化可能性調査」(補助額:定額1,000万円以内)が62件と、「マスタープラン策定」(補助額:定額3,000万円以内)が7件。以下に採択事業の概要をいくつか挙げる。

(※全文:1787文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.